太ってる人でもアパレル店員・販売員になれます【一部例外あり】

2019年9月15日

太っている アイキャッチ画像
販売員
販売員
やばい、ここんとこ肉&スイーツ&ラーメンを食べ過ぎて体重が凄まじいことになってしまった!
販売員
販売員
店長~キロ増えました~!
太っている人でもアパレル店員ってなれるんですか~?
太っていてもアパレル店員になるのは問題無いぞ!
気にするのはほんのごく一部のブランドや店舗による程度だな!
店長
店長
販売員
販売員
太っている人でも問題無いんだ!
ある程度痩せてないとなれないかと思ってた!

 

アパレル店員・販売員になろうとしても、体型が気になる人はいらっしゃるかと。
特に、「太ってる人はアパレル店員になれないのでは?」と思う人もいらっしゃいますが、そんな事はありません。

太ってる人でも問題無くなれます。

華やか・煌びやか・おしゃれな世界のアパレル店員が、なぜ太っている人でもアパレル店員・販売員になれるのか?
具体的に解説していきますね。

広告

よっぽどのアパレル会社でなければ太ってる人でも問題はありません

接客したくない その5

昔と違って今は大分緩くなったアパレル店員の体型問題。
それこそ昔は

・身長160cm以上でないと入れない
・体重は40キロ前半をキープ
・ある程度のルックスが必要
・太ったらクビ

 

なんてのもありましたが、あくまで昔の話です。
今そんなことをしていたら

・コンプライアンス的に問題アリ
・従業員不足に悩まされる(ただでさえアパレル店員は人手不足なのに、そんなことしたら人手不足に拍車がかかる)

 

で、会社経営が大変なことになります。
太っていても

・おしゃれが好き
・好きなブランドがある
・メイクやファッションをちゃんと頑張っている(これから頑張る)

 

という姿勢や気持ちがあれば、全く問題ありません。
そもそも太っていようがいなかろうが、営業成績(売り上げ)に左右されないからです。

体型を気にするよりも

・愛嬌や笑顔を常に意識する
・接客技術や商品知識を叩き込む

 

方がよっぽど会社にとってメリットになりますし、必要な人材として取り入れたいもの。
好きなブランド、よく購入するブランドで服を購入しているのであれば、体型のことは気にせず応募してみて下さい。

例外があるのは洋服が入るかどうかorごく一部のアパレルブランド

記事タイトルで「一部例外アリ」と記載しましたが、一部例外というのは

・そのアパレルブランドの服が入るかどうか
・ごく一部体型を気にするブランドがある為

 

だからです。
さらに深堀りしていきます。

そのアパレルブランドの服が入るかどうか

太っている その1

そもそもの話ですが、アパレル店員はお店の服を着ながら働く「試着販売(もしくは着用販売)」スタイルを行っています。
そこの洋服を販売員が着用していると

お客様
お客様
あの店員さんが来ている洋服気になる!私も欲しい!

 

という宣伝効果にも繋がるからです。
だからこそ、昔のアパレル店員は販売員が広告塔にもなる為に

・身長160cm以上でないと入れない
・体重は40キロ前半をキープ
・ある程度のルックスが必要
・太ったらクビ

 

といったルールがあったのです。
まぁ先程も申し上げた通り、昔の話なので問題ありません。

しかし、そこの洋服が着れない・サイズが完全に合わないようでしたら問題アリです。
気を利かして

トップスだけ着れれば、ボトムスはロゴが目立たなければ別会社でも良いよ
店長
店長

 

と言ってくれるアパレル会社や店舗もありますが、それすらも入らないようならちょっと問題あります。
とは言え

・1着でもそこのブランドを持っていて、ちゃんと着れる
・試着販売を行わない制服や私服勤務可のアパレルブランド

 

であれば、気にする必要はありません。

ごく一部体型を気にするブランドがある

太っている その2

一部のアパレル会社は、まだ昔ながらのルックス重視のブランドが存在します。
そういったアパレルブランドは、強いて考えられるとすると

・ギャル系ブランド
・東京都心部の109に入っているブランド(SHIBUYA109など)
・タイトめ、細身をウリにしているブランド

 

位でしょうか。
ブランドテイストに合わせてスタイルを良くしなければならない場合は、

・身長
・体型
・メイク
・髪型

 

などを意識する必要があります。
とは言え数は少ないので、そこまで気にする必要はありません。

書類選考でコーディネート写真を撮影する際に厳しくなるかも

太っている その3

例えば

・新卒採用
・アルバイト
・転職

 

などの際に書類選考で全身コーディネート写真を撮影しなければならない店舗であれば、採用難易度が高くなります。
理由として、

・アパレル業界関係なく、ルックスが良い人の方が有利だから(ルックスの良い人の方が採用されやすい)
・特に身だしなみに気を遣う業界(アパレル、コスメ、モデル等)はルックスの比重は高め

 

だからです。

少々残酷な言い方をしますが、どの業界もルックスは無いよりあった方が採用されやすいです。
これは女性だけでなく男性においても言えます。

とは言え、あくまで採用難易度が高まる程度なので

・ファッション感度が高い
・愛嬌や笑顔が素敵
・清潔感がある

 

のであれば、無表情の美人・イケメンよりも採用率は高いですよ。

私太っているから憧れのブランドは無理かも…
販売員
販売員

 

と落ち込む心配はありません。
気にせず積極的にエントリーして下さい。

百貨店系ブランドはほぼ体型を気にしなくても良いです

洋服代 その5

百貨店系ブランドはほぼ体型を気にしないケースが高いです。
理由として、

・年齢層が高い人をお客様に相手をするので、そこまで見た目は気にならない
・試着販売を行わないブランドが多い(制服勤務が殆ど)
・百貨店には「大きいサイズ」の売り場があるので、そういう売り場はむしろ太っている人の方が需要は高い
・販売員の年齢層が高いせいか、中年太りのアラフォー、アラフィフも結構いる

 

からです。
その為、百貨店では太っている販売員はちらほら見かけますよ。

特に百貨店は「大きいサイズ」の売り場が用意されているので、太っている人はむしろ重宝されるケースが高いです。

・高級ブランドで働きたい
・ブランドにそこまでこだわりがない

 

のであれば、三越・伊勢丹・大丸・高島屋・東急・阪急・松阪屋・そごう、などなどに応募してみてはいかがでしょうか。

まとめ

改めて太っている人がアパレル店員になれる理由として、

・昔ほど体型にうるさいアパレル会社が無い(あったら人材不足でやっていけない)
・接客技術や商品知識があれば、見た目は関係ないから
・むしろ、愛嬌や笑顔の良さ(人当たりの良さ)を重視しているから

 

といった事があります。
特に私服or制服勤務のブランドであれば、より一層問題無いでしょう。

太っているからアパレル店員になれない…という事はまず無いので、ファッションやおしゃれが好きであれば、積極的にエントリーしてみて下さいね。

販売員
販売員
言われてみたらアパレル店員や美容部員にも何人かいますね、ぽっちゃりした女性店員さんいらっしゃいますね!
ルックスは悪いより良いに越したことは無いが、それよりも愛嬌や笑顔、接客技術、商品知識があった方がよっぽど良いからな
店長
店長
ファッションが好きなら、体型なんて問わないアパレル会社は大半だからそこまで気にしなくていいぞ
店長
店長
販売員
販売員
それならあと5kg増えても問題無いですね!
スイーツビュッフェ行きまくろう!
5kg増えるのはちょっと問題アリだろ…
店長
店長