アパレル店員や販売員は給料・月収・年収が低いです【一部例外アリ】

2019年10月15日

給料低い アイキャッチ画像
販売員
販売員
ううーん、隣のブランドの人も年収低いって嘆いていたなぁ…
販売員
販売員
店長!アパレル店員ってやっぱり年収低いんですか?
まぁ…ぶっちゃけ低いな…役職付かないときついかも…会社にもよるが…
店長
店長
販売員
販売員
んんー、やっぱり低いんですね…

 

アパレル店員・販売員でふと不安になる年収問題。
働いている人なら分かるかと思われますが、他の業種・職種に比べたら低い方です。

低い理由にはそれなりにありますが、何故低いのか?
そして、アパレル店員の年収はどの位低いのか?

具体的に解説していきますね。

広告

正社員になっても月収17万円~20万円位が殆ど

給料低い その1

いきなりですが、アパレル店員の基本給ですが正社員になっても月に17万円~20万円位が殆どです。
下手するとアルバイトと大差ない場合もあります。

何でそんなに給料安いの?
販売員
販売員

 

理由として

・会社の利益が取れていないから(アパレル企業の大半は苦しいです)
・資格や学歴無くても誰でも入社できるから(中卒高卒未経験OK)
・ファッションに憧れて入る若い従業員が多いから(安くしておいても割とOK)
・店舗増やし過ぎ(その分だけ従業員に給料を与えなければならない)

 

というのがあります。
まぁやる気さえあれば、全国各地のファッションビル・ショッピングモール・百貨店などで働けますからね。

かの私もファッションが好きでアパレル店員・販売員に飛び込んだ身です。
いざ蓋を開けてみると、

とある大手アパレル会社:入社したての基本給17万円(ボーナスはある程度の役職に就いてから)
とある中堅アパレル会社:入社したての基本給18万円(ボーナス無し)
とある老舗アパレルメーカー:入社したての基本給20.6万円
とある外資系アパレルブランド:入社したての基本給24万円(ただし、ボーナス無し)

 

とまぁ会社や店舗、経験によって完全に異なりますが、こんなもんです。
役職を上げていけば基本給もアップし、各種手当ても貰えますが…筆者は転職を繰り返しました。

繰り返した結果、良い給料&良い職場環境に出会えて、長い間勤務していたのです。

実際アパレル店員で転職を繰り返している人は多いですし、5回目にしてかなり給料の良い会社に就くことができたという人もいました。
ウラを返せば、転職回数を気にしないのはアパレル業界のメリットでもありますがね。

ただ、大手含む多くのアパレル企業は

・売り上げの割に店舗数が多すぎ(そりゃ末端の従業員に給料が行く訳がない)
・売り上げの割に正社員多すぎ(店長や副店長1人ずつで十分な店舗もあるのに、無駄に正社員を安い賃金で雇いすぎ)
・仕方無いことだが、ファッションの年齢層や感度を意識するが余りにパートタイマー(非正規)の雇用が少ない(人手不足に拍車かかる)

 

という現状があるので、

ユニクロじゃなくても知名度が高いアパレルブランドだから安心!
販売員
販売員
一部上場企業だから大丈夫っしょ!
販売員
販売員

 

と考えていると、給料面で足元すくわれます。
むしろ、

・系列を含めて店舗数はそこまで多くはない(もしくはめちゃくちゃ増やしていて売り上げめちゃくちゃ伸びている)
・必要以上に正社員を雇っていない(非正規雇用とのバランスが取れている)

 

アパレル企業の方が、上場・非上場企業関係無しに正社員時の給料が良いケースが多いです。
そういった企業が少ないせいか、多くの月の基本給が最初の段階で17万円~20万円が占めてしまっているのです。

名のある大手企業でも始めはボーナスが出ない、あっても雀の涙なところもある

一週間退職 その1

年収が少ない理由のもう1つとして、名のある大手アパレル企業でも、始めのうちはボーナスが出ない所があるからです。
また、仮にあっても雀の涙程度(5万円)位しか貰えない所もあるので、こういった所にも年収の低さが物語っています。

大手アパレル企業であっても最初はボーナスが出ないというのは先程申し上げた通りですが、いかに

・店舗数を作り過ぎているか
・安い賃金で正社員を雇い過ぎているか

 

が良く分かります。
これでは正社員としての旨みがありません。

そうなると、年収なんてのは300万はおろか、250万もいくか怪しいケースだって出てきます。

最近は見なし残業を付けて底上げしている企業が増えてきている

給料低い その2

最近は14時間位の見なし残業を付けて、月給を底上げしている企業が多いです。

見なし残業とは
賃金や手当ての中に、あらかじめ一定時間分の残業代を含ませておく制度。
月14時間の見なし残業というのは「月に14時間残業しても残業代が付かないですよ」という意味です(14時間超えれば残業代が発生します)。

 

例えば、

・月収17万円
・月収18.5万円(14時間の見なし残業を含む)

 

と言われたら、どちらの方が惹かれるか。
見なし残業を知らない人であれば後者の方が

お!給料いいじゃない!こっちにしよう!
販売員
販売員

 

と思うでしょう。
ある程度残業はする分だけ結果として給料自体はさして変わらないですから、転職や就職時にはよーく見るようにして下さい。

店長などの役職が付けば年収・月収・給料は高くなります

一人暮らし その4

単純に店長などのある一定の役職が付けば、給料は高くなります。
店長という名前だけあって、役職で言えば管理職(係長クラス)に当たるので、役職手当がしっかり付くのです。

また、役職手当以外にも各種手当が付くことが多いので、その分だけ月収もアップしてトータルの年収は高まりますよ。

ただし、

・入社して1年~3年位とすぐに店長になれる会社
・副店長というポストが無い会社

 

であれば、期待しない方が良いです。
名ばかりの手当しかくれません。

通常は、入社してから副店長を経験して、ある程度の勤続年数を経験してから店長になるもの。
その為、店長になるまでには6年~10年以上かかるケースが多いでしょう。

にも関わらず、正社員になってハイスピードで店長になれる会社は役職手当の期待は薄いです。
そういった企業の場合は、

・SVやエリアマネジャー
・本社勤務

 

になれば、そこそこの給料が貰える可能性が高いです(その場合は結局6年~10年以上かかることになります)。

どちらにせよ、役職が付けば付いた分だけ給料は高くなりますよ。

ハイブランド・ラグジュアリーブランドなら給料・月収・年収は高いです

バイト敬語 その4

経験上ですが、

・外資系の高級アパレル企業
・高級ブランドをメインとして扱っているアパレル企業

 

は、給料が高いところが多いです。
主に、

・ルイヴィトン、グッチ、シャネルなどのハイブランド
・低価格でも世界的シェアの広い外資系ブランド(ナイキ・アディダスなど)
・その他高級皮革製品を扱っているブランドなど

 

ですね。
平たく言えば、

・低価格なカジュアルブランドを出していないで、それなりに利益が取れている
・低価格でも世界的にシェアを獲得している外資系アパレル

 

企業が主となります。

ただし、これらのブランドは

・正社員登用しか無い(契約社員などからスタートして正社員になる)
・正社員枠があったとしても、一定水準のスキルが必要になる

 

というケースが多いので、

・ある程度の経験を積んでいる人
・すぐには正社員にはなれない

 

可能性があります。
なお、高級ブランドでも未経験可のところは給料に期待しない方が良いでしょう。

いっそ派遣社員で働いていた方が正社員よりも給料・月収・年収が高いケースも

給料低い その3

多くのアパレル企業の正社員での販売員は給料が少ないのが通例です。
その為、派遣社員よりも低いというケースも多々あるのです。

例えば

・月に18万円基本給を貰っている正社員
・時給1,300円の派遣社員(平均目安でもっと高いところも多い)

 

であれば、派遣社員として7.5時間労働を月に22日勤務をこなしてしまえば

1,300×7.5×22=214,000円

 

と、正社員よりも上回ります。
派遣社員は正社員に比べて責任が非常に少ないので、

数字を取らなきゃ…結果を残さなきゃ…
販売員
販売員

 

というプレッシャーは無いです。
ましてや、社販で服を購入する必要がほぼ無い(ブランドのテイストに合わせればOK)ので、その分だけお金をしっかり確保できます。

デメリットとしては、

・いつでも切り捨てられる
・ボーナスは無い
・時給アップはまず無い(1年以上今いるブランドで働けば交渉可能かと)

 

といったのがあります。
とは言え結果さえ残していれば

・正社員雇用として採用してくれる事もある
・長期間働ける

 

ので、上司や先輩にあれやこれやと言われずに頑張れるタイプであれば、案外派遣も良いかも知れませんね。

ボーナスが出ない、給料が低いアパレル企業であれば、いっそ派遣社員で働いた方が遥かにマシというのもあり得ますよ。
途中で将来が心配になったら、改めて正社員として登用するような形を取るのもアリですし。

まとめ

改めてアパレル店員・販売員の年収が低い理由として

・会社の利益が取れていないから
・資格や学歴無くても誰でも入社できるから(中卒高卒未経験OK)
・ファッションに憧れて入る若い従業員が多いから(安い賃金でもOK)
・店舗増やし過ぎ(その分だけ従業員に給料を与えなければならない)

 

というのがあるからです。
ただし、

・店長などの役職、管理職が付いている従業員
・外資系の高級アパレル企業
・高級ブランドをメインとして扱っているアパレル企業

 

であれば、給料が高いケースがあります。
経験者でなければダメな所が多いので、ある程度販売員としてのスキルを積んでから転職をするのが良いでしょう。

販売員
販売員
そうですよねぇ…アパレル業界ってそもそも給料低いところ多いですもんねぇ
ま、アパレルだけでなく他の企業も不景気なんだし、その辺は仕方ないだろう
店長
店長
でも退職した同期が転職して給料一気に上がったのには腹が立ったな…
店長
店長
販売員
販売員
そんなに上がったんですか?
インスタ見て分かったけど、神楽坂に住んだんだよ!家賃べらぼーに高いところに!
どんだけ稼いでんだちくしょう!!
店長
店長
販売員
販売員
店長落ち着いて!