アパレル接客販売でノルマなしの所は本当にある…が結局怒られます

ノルマ無し怒られる アイキャッチ画像
販売員
販売員
隣のブランドさんはノルマ無しなんだもんなぁ…
いいなぁ、プレッシャーかからずに済むし
販売員
販売員
店長、うちもノルマ無しにして欲しいです!営業部に掛け合って下さい!
ノルマ無しになっても、売れなかったり接客対応が悪かったりすると怒られるから、あんまり意味ないぞ
店長
店長
販売員
販売員
ええー、結局あれこれ言われるのか

 

ノルマが無ければ「その目標の売上まで売らなければいけない」ということが無くなるので、接客販売が気楽になる。

確かに間違ってはいませんが、売れなきゃ売れないで注意されたり怒られたりします。

実際ノルマ無しのブランドは数多く存在します。
…が、ノルマ無しでもしっかり接客しなければいけないので、気を付けて下さい。

広告

売れなきゃ売れないで怒られます

一週間退職 その1

ノルマ無いし、目標売上まで頑張らなくてもいいやー!気楽だー!
販売員
販売員

 

確かに目標売上まで売らなくてもOKなので、気楽ではあります。
しかし、

・なかなか売れない(イメージとして)
・サボる、手を抜いたりする

 

場合は、注意されたり怒られたりはします。
冒頭でも申し上げましたが、ノルマが無くても売れなきゃ売れないでどの道怒られるのです。

月の目標売上とか意識しなくてもいいじゃん!気楽だわー!
販売員
販売員

 

これは間違いありません。
ノルマが無いだけ数字に追われず、気楽に働けます。

しかし、

じゃあ売らなくていいや
販売員
販売員
テキトーに接客やろう
販売員
販売員

 

は、NG行為で怒られます。
ある程度は接客販売の努力や結果は必要になるので、手を抜くにも抜き過ぎないようにして下さい。

言葉遣いやアプローチなど、細かなところで怒られます

ノルマ無し怒られる その1

数字が無い分だけ、細かなところで注意されたり怒られたりします。
具体的には、

・敬語ができていない
・アプローチが上手ではない
・言葉遣いがおかしい
・商品提案がよくない
・声が小さい
・笑顔ができていない
・商品知識が無い(間違った解説をしている)

 

などなど。
上司や先輩により注意の度合いは異なりますが、こういったところを指摘されることがあります。

もちろんノルマがあるところも、「数字を取れ」以外に接客方法について注意されたり怒られたりします。
…が、ノルマが無い分だけ、数字以外の別の箇所を注意されることが多いので、これはこれで面倒ではあるでしょう。

ボーナスや昇給・昇進が別判断になる

ノルマ無し怒られる その2

ノルマという数字では分からない分だけ、

・ボーナスの査定
・昇進のスピード

 

などの人事考課が別判断になることがあります。
具体的には、

・自分一人がどんなに接客販売で頑張っても、インセンティブやボーナスに反映されにくい
・ノルマが無い分だけ数字での昇進、出世がしにくい

 

ので、ノルマがある所に比べて

・接客以外の付帯業務
・上司や先輩であれば、人材管理や育成
・店舗でのチームワーク(店舗売上)やコミュニケーションスキル

 

などの部分で評価が強くなります。

一般的にはノルマの部分がボーナスや賞与・昇進の評価枠が高く、上記3つの項目は低いもの。
しかしノルマが無い場合、接客販売で結果を出しても、そこまで反映されにくくなっています。

例えばノルマアリの場合は、評価の割合としては

個人売上:5割
店舗売上:2割
付帯業務:1割
人材管理や育成:1割
チームワーク、コミュニケーションなど:1割

 

となりますが、ノルマ無しの場合は

売上貢献度(個人売上とは関係ない、どれだけ接客販売を頑張っているか):2割
店舗売上:2割
付帯業務:2割
人材育成や教育:2割
チームワーク:2割

 

くらいの割合で判断する傾向があります(あくまで目安なので、企業によっては若干異なる)。

えーそしたらノルマ無しは接客で結果出しても、そこまでボーナスや昇進に評価されないの?
販売員
販売員

 

大体で評価される程度で、ノルマ有りのところに比べるとそこまで評価されません。

でもノルマが無いのに、どうやって売上貢献してるとか分かるの?
販売員
販売員

 

上司や店長の何となくの判断が多いですかね。

店長
店長
あいつはよく売ってるな、接客頑張ってるな
店長
店長
うーん、頑張ってるけどイマイチ結果に結びつかないなぁ…

 

といった感じでしょうか。

ただし、それだけだと感覚的になってしまうので、ものすごく売れている販売員(セールスマスターやトップセールス)を決める大会のようなものを会社で年に1回~2回程行います。

それでトップセールスなどの称号を貰えば、インセンティブやボーナス、給料などで反映されるようになりますよ(ただし、全店で片手で数える程度の人数です)。

じゃあ私自身そんなに売れなくても、他で頑張れば昇進やボーナスの査定が高くなるってこと?
販売員
販売員

 

平たく言うと、そういうことになりますね。
あまり売上を伸ばせない、接客が苦手な方であればありがたい項目ではありますが。

ただし、先程も申し上げた通りに

・接客ができない
・売れない

 

場合は、どちらにせよ注意はされます。
注意や怒られたりはされますが、人事考課で売上貢献面で低く見積もられるだけで、総合的にはそこまで評価は低くはならないといったところですね。

結局は自分自身に適した職場環境やブランド次第です

スランプ アイキャッチ画像

ノルマありのメリット:売ったら売った分だけボーナスや賞与の査定に大きく影響する
ノルマありのデメリット:「数字」というプレッシャーが強い、売れなきゃ追求される
ノルマ無しのメリット:売らなくても、別の業務を頑張ったり店舗の売上が取れたりすれば、人事考課の評価は高くなる
ノルマ無しのデメリット:売れなきゃ売れないで注意されるし、接客対応が悪ければどの道注意される

 

ので、ノルマが無い分だけ売らなくて良い訳ではありません。
どちらにせよ接客販売をして、売らなければならないのです。

ただ「数字」という部分が可視化されていない分だけ、プレッシャーを感じなくて良いといったところがあります。

こう見ると、ノルマがあろうがなかろうが注意されたり怒られたりするので、結局はノルマ有り無し関係なく、自分自身に適した職場環境やブランドを選んだ方が良いです。

深く考えずに、好きなブランドや条件に合った店舗を選ぶようにしましょう。

まとめ

ノルマがあろうが無かろうが、結局は

・売れない
・接客対応が悪い

 

場合は注意されたり怒られたりします。
ノルマありも無しも、どちらもメリット・デメリットが存在するのです。

あくまで筆者の意見としては、ノルマのことは深く考えず行きたいブランドや働きたい店舗に飛び込んだ方が、一生懸命頑張れると思いますよ。

販売員
販売員
結局ノルマ無しのところも、あれやこれやと注意されたり怒られたりするんですね
人事考課の評価が異なるだけで、売れない接客できないとなると結果として指摘されるもの
ノルマの有り無しは、怒られるという面では、正直意味ないかなぁとは思うわな…
店長
店長
販売員
販売員
やっぱりノルマ課せられるとプレッシャーかかるんで、無くすように営業部に説得して下さい
そしたら先月と先々月とめちゃくちゃ売れた数字は、人事考課で評価しなくなるけどいいの?
店長
店長
販売員
販売員
今月から無くすようにして下さい
それはずるくないか…
店長
店長