皮革製品の素材や種類まとめ25選

2019年12月3日

皮革製品 アイキャッチ画像
こちらは牛革を使用しています
販売員
販売員
お客様
お客様
へぇー、牛革でも結構柔らかくて軽いんですね!これってカーフですか?
え?牛革ですよ…カーフ?
販売員
販売員
店長
店長
失礼致しました、お客様の仰る通りでこちらカーフスキンでして…(牛革にも種類があるんだよ!)
し…知らんわ…!!
販売員
販売員

 

アパレル市場で出回っている皮革製品は数多く存在します。
牛革でも複数種類存在しますし、それ以外のパイソン、クロコダイル、ラム等々、多種多様に使われているのです。

そこで今回は、アパレル接客販売でも役立つ皮革製品でも

・メジャーな素材17種類
・マイナーな素材8種類

 

の計25種類を解説致します。
こちらの素材を参考にし、革製品の商品購入や接客販売に役立てて下さい。

広告

メジャーな革製品の素材や種類一覧

皮革製品 その1

比較的市場に出回っていて知名度があるメジャーな革製品の素材や種類についてですが、以下の通りになっています。

・牛革(カーフ)
・牛革(キップ)
・牛革(ステア)
・人工皮革
・合成皮革(PVC、PUレザー)
・ダチョウ革(オーストリッチ)
・ワニ革(クロコダイル)
・山羊革(ゴートレザー)
・仔山羊(キッドレザー)
・羊革(シープレザー、ムートンレザー)
・仔羊(ラムレザー)
・蛇革(スネーク、パイソンレザー)
・水牛(バッファローレザー)
・豚革(ピッグレザー)
・馬革(ホースレザー、コートバン)
・トカゲ革(リザードレザー)
・エナメル(パテントレザー)

 

メジャーゆえに聞き馴染のあるものも存在するかと思われます。
特に皮革製品を扱っているブランドであれば、覚えてほしい用語です。

これら17種類を1つずつ簡単に解説していきます。

牛革(カーフ)

生後3ヶ月~6ヶ月の牛革。
牛革の中でも高級素材として使われています。

薄手できめ細かく、柔らかな質感が特徴的です。
基本的にはちょっと高めのセレクトショップや高級ブランドで扱っている傾向があります。

牛革(キップ)

生後7ヶ月~2年位の牛革。
カーフに比べて

・薄手
・きめ細かさ
・柔らかさ

 

は落ちますが、その分だけ

・耐久性
・カーフに比べて安価

 

になります。

牛革(ステア)

生後2年半~3年以上経過した牛革。
先の2つの牛革に比べて一番安価で耐久性に優れています。

安価ゆえに、基本的には低価格向けブランドに展開していることが多いです。

人工皮革

通称フェイクレザーとも呼ばれる、人工的に限りなく革を再現した革製品。

ナイロンやポリエステルなどの化学繊維をからめ、表面にもポリウレタン樹脂を染み込ませているので、耐久性に優れています。

人工的でもあるので、一般的に牛革よりも安価です。

合成皮革(PVC、PUレザー)

人工皮革と同じ合皮の分類ではあり、素材も同じですが

・構造が異なる
・人工皮革よりも大量生産が可能なので安価
・柔らかだが、耐久性は人工皮革より劣る

 

といった点があります。
なお、同じ合成皮革のPVCとPUの違いですが

PVC:表面に塩化ビニール樹脂をコーティングさせたもの
PU:表面にポリウレタン樹脂をコーティングさせたもの

 

の差です。
それぞれの特徴は、

PVC:耐久性が高く汚れに強いが、通気性や柔軟性は低い
PU:柔らで上質に見える素材が特徴的だが、耐久性は弱い

 

といったところがあります。

ダチョウ革(オーストリッチ)

皮革製品 その3

高級素材として使われるダチョウの革で、厚みがあり耐久性に優れています。
オーストリッチ特徴のポツポツした点(クイルマーク)は、羽根を抜いた後の毛穴です。

牛革を用いてクイルマークを加工した商品もあります。

ワニ革(クロコダイル)

エキゾチックレザー(希少性が高く、特殊な模様を持つ革)の中でもより希少性が高い超高級素材。
美しと、強度、希少性から「革のダイアモンド」とも言われています。

ただし、同じワニ革でも「カイマン」や「ガビアル」などは、クロコダイルに比べて商品価値は下がります。

山羊革(ゴートレザー)

大人の山羊から作られた革で、牛革と比べると

・耐久性
・柔らかさ、肌触り

 

が良いのが特徴的です。

仔山羊(キッドレザー)

産まれて6ヶ月の山羊革。
ゴートレザーに比べて、柔らかで上質な光沢感があるのが特徴的です。

基本的には高級紳士靴や婦人靴で用いられることが多く、高級素材として位置付けられています。

羊革(シープレザー)

産まれて一年以上経過した、大人の羊から作られた革。
牛革に比べて強度は劣りますが、きめ細かさや柔らかさが特徴的です。

主にジャケットや財布などに用いられることが多いです。

仔羊(ラムレザー)

産まれて半年以内の子供の羊革。
シープレザーよりも柔らかく質感にも優れているのが特徴的です。

その柔らかさもあってか、ジャケット、ボトムス、スカート、手袋などの服飾品に用いられることが多いです。

蛇革(スネーク、パイソンレザー)

皮革製品 その4

エキゾチックレザーのひとつで、クロコダイルに次ぐ高級皮革製品。
ソフトな肌触りが魅力的な革です。

スネークとパイソンの違いは、小型か大型であり、

スネーク:小型の蛇で
パイソン:大型の蛇

 

となっています。
パイソンの方が流通量は多いです。

水牛(バッファローレザー)

沼地や河川に生息する水牛を用いた革。
肌触りや耐久性が良く、他のレザーに比べて耐水性が備わっているのが特徴的です。

また、従来の牛革とは違った独自のシボ・シワがあるのもポイントですよ。

豚革(ピッグレザー)

文字通りの豚の革。
牛革と違って分厚さはありませんが、強く耐久性に富んでいるのです。

服飾品から小物品まで、幅広いアイテムジャンルで使用されています。

馬革(ホースレザー、コートバン)

馬のなめし革で、牛革と違って薄く、柔らかく、軽いのが特徴的。
ホースレザーは馬の全体の部分を使用しており、コートバンは馬の背中やお尻の部分を使用しています。

コートバンはホースレザーと違って

・光沢感に富んでいる
・希少性が高い
・強度や耐久性が優れている

 

といった点があるのです。

トカゲ革(リザードレザー)

エキゾチックレザーのひとつ。
クロコダイルやパイソンと違って派手ではないので、比較的汎用性に長けています。

また、軽くて耐久性もあるので、使い勝手の良さが特徴的です。
ワニ革よりも安価なので、購入しやすいといった魅力もあります。

エナメル(パテントレザー)

革の表面部分にエナメル樹脂をコーティングさせたもの。
コーティングしている分だけ、光沢性と耐久性に優れております。

革靴や婦人靴によく使用されており、パーティやフォーマルなシーンで活躍されます。
ただし、ひび割れがしやすいのでご注意を。

一部のブランドにしか扱わない割とマニアックな革製品の素材や種類一覧

皮革製品 その2

アパレル店員であればぶっちゃけ覚える必要の無い、かなりマニアックな革製品。
超高級ブランドや皮革製品専門のブランドであれば、恐らく一部取り扱うであろう素材です。

※動物保護の観点から、一部存在しない革もあります

・牛革(ハラコ)
・象革(エレファントレザー)
・ラクダ(キャメルレザー)
・スティングレイ(ガルーシャ)
・カンガルー
・シールレザー(アザラシ、アシカ)
・鹿革(ディアレザー)
・パンゴリンレザー

 

これら8種類を解説していきます。

牛革(ハラコ)

生まれる前の牛革。
超高級素材ですが、動物保護の観点から現在では取り扱っているところは無いに等しいです。

その代わり、非常に柔らかな食感を模した皮革を代用した「フェイクハラコ」は存在しています。

象革(エレファントレザー)

エキゾチックレザーのひとつで、輸入輸出の規制が厳しく希少性の高い革。
耐久性に優れており、独特の肌触りが特徴的です。

ワニ革やヘビ革と違って派手さが無いのもポイントですよ。

ラクダ(キャメルレザー)

強くハリがあり、牛革に比べて耐久性に優れた革。
そして、ぱっと見ただけでは牛革とあまり差がないのが特徴的です。

流通量の都合上牛革に比べて高価ではあるものの、ぱっとした見た目が牛革と遜色ないせいか、あまり製品化はされていません。

スティングレイ(ガルーシャ)

皮革製品 その5

エキゾチックレザーのひとつで、サメやエイなどの革を指します。
銀面の美しさと強度の強さが特徴的です。

英語でスティングレイと呼び、フランス語でガルーシャと呼びます。

カンガルー

その名の通り、カンガルーの革。
表面上は牛革に似ていますが、牛革よりも柔らかくて軽く、強度が高いのです。

ただしキズに弱いので、牛革よりも手入れが必要になります。

シールレザー(アザラシ、アシカ)

エキゾチックレザーのひとつで、アザラシ科やアシカ科に属する革。
厚みがあり丈夫なのが特徴的です。

銀面は蛇革やワニ革に比べて保守的なので、幅広いアイテムジャンルで活躍できます。

鹿革(ディアレザー)

軽くて丈夫できめ細かな銀面が特徴的な革。
ぱっと見は牛革と殆ど遜色無いので、希少性や素材感で差を付けたい人が所有するのにオススメです。

ただし、牛革と比べてキズに弱いです。

パンゴリンレザー

エキゾチックレザーのひとつで、アリクイの一種「センザンコウ」から取れる革。
絶滅危惧種に指定され生産禁止となっているため、入手困難の超高級レザーとなっています。

ひし形模様が特徴的です。

まとめ

定番の牛革から特殊なエキゾチックレザーまで、全25種類を簡単に解説しました。

・皮革製品について知りたい
・接客販売で革の素材について説明したい

 

方であれば、本記事を参考にして頂けたら幸いです。

販売員
販売員
革製品ってこんなにあるんだ…
細かく突き詰めるともっとあるけど、大まかに言うとこんなところかな
店長
店長
販売員
販売員
そういえば店長がたまに履いてるそのヒール、足入れしやすくて楽とか言ってましたね
そうなんだよ!カーフを使用してて軽くて馴染がしやすくていいんだよ!
高いお金つぎ込んだ甲斐があったよ!!
店長
店長
今度踏んづけてやろ…
販売員
販売員