アパレル辞めて良かったと思う主な理由まとめ9選【きついなら辞めて良し】

2020年7月31日

辞めて良かった アイキャッチ画像
販売員
販売員
昨日同期会したんですよ
ほー!同期と仲良く楽しめるのはいいことじゃないか!
店長
店長
販売員
販売員
去年辞めた同期もいたんですけど、アパレルさっさと辞めてよかったーって言ってました!
何でも、給料・ボーナスが上がったし土日祝日休みになったし、シフト制じゃなくなって規則正しい生活が送れるし、最高って!
なーるほどねぇ…次に出るセリフが「辞めたい」って言わないでね
店長
店長
販売員
販売員
履歴書の書き方ってどうやるか教えて下さい!書き方忘れちゃって…
遠回しに辞めたいって言ってるもんじゃないかー!!
店長
店長

 

アパレル業界に勤めていてふと思う「転職・退職」のワード。
今置かれている現状が不満だから出て来るワードではあります。

…が、実際にアパレルを辞めて良かったと思うのが数多くあります。

そんな、辞めよう・転職しようと思っている方の「アパレル業界・店員を辞めて良かった」理由について解説しますね。

広告

アパレル業界・店員を辞めて良かったと思う理由について

目次通り、アパレル業界・店員を辞めて良かったと思う理由ですが、

・給料が上がった
・ボーナスが出た(増えた)
・服を買わなくて済む
・ノルマに追われなくて済む
・規則正しい生活を送れる(シフト制からの脱却)
・土日祝日休みになった
・体育会系のノリが無くなった(職場環境の改善)
・辛い立ち仕事からの脱却
・将来の不安が無くなった

 

の9つが挙がります。
これら9つについて、具体的に説明していきますね。

給料が上がった

一人暮らし その4

アパレル業界は他の業種に比べて給料が低いです。
理由として、

・ファーストリテイリング一強
・利益が取れていないところが多い
・特に一番従業員が多い販売員の給料安い(働きに見合わない)

 

から。

ファーストリテイリングやしまむら辺りであれば、販売員であっても給料は業界全体の平均年収よりも高いです。
…が、殆どの方は上記2社に就いていることは無く、安い給料で働いていることでしょう。

普通にアパレルを辞めて転職をした方が給料が上がるケースが多いので、辞めて良かったと思う方は多いですね。
特に販売員であれば、販売のスキルを活かせる営業職に就いた方が高い給料アップを望めますよ。

ボーナスが出た(増えた)

給料低い その3

主に

・基本給が低い
・会社の利益が殆ど取れていない

 

ところが多いので、アパレル辞めて転職してボーナスが出る・増える方は多いです。

特に業界規模のでかい大手アパレル企業なのに、ある一定の役職しか付いていないとボーナスが出ない販売員は何故か存在します。
もしくは、正社員なのに小学生のお年玉程度しか出ないところもありますね。

・正社員
・大手企業

 

なのに、ボーナスにおいて旨みを感じられない販売員も一定数存在する故に、比較的多くの方が

・転職してボーナスに対する喜び(増えた・もらえた)
・好きなものを買える、生活に潤いを得られる

 

ようになるでしょう。

服を買わなくて済む

集客アップ その1

少ない給料に、さらに金銭面できつい思いをさせられる社販購入。
高価格帯ブランドであればある程に商品単価が高くなるので、

社販とは言え高い服を買わなきゃいけない

その分だけ給料がすっ飛ぶ

下手すると月に3万~5万位すっ飛んで、生活どころじゃなくなる

 

ケースも多々あります。
アパレルを辞めれば

・余計な服を買わなくて済む
・買ったとしても自身の好みの価格帯の服を買える

 

ので、生活にゆとりが出るというメリットは存在しますよ。

ノルマ・数字に追われなくて済む

派遣メリット アイキャッチ画像

アパレル店員・販売員となると、日々の売上や数字のノルマに追われなければなりません。
もちろん販売員だけでなくても、エリアマーネジャーやSV、営業部などはノルマ・数字に追われています。

転職先で数字を追われるというのは、

・営業職(営業部)
・販売職

 

などですが、これらを避けた転職先であれば数字に追われずに働くことができます。
追われなくて済む分だけ

・日々のプレッシャーからの解放
・ストレスによる心身の体調不良改善

 

が無くなりますよ。

規則正しい生活を送れる(シフト制からの脱却)

辞めて良かった その1

特にアパレル店員は早番・中番・遅番などのシフト制なので、不規則な生活が多いです。
不規則ゆえに

・睡眠障害
・食生活の乱れ

 

などが生じ、結果として体調不良やストレスを招きやすくなります。
シフト制が無くなれば規則正しい生活を送れるので、

・睡眠の質の改善
・規則正しい食生活

 

が送れて、体調不良やストレスを緩和することができるでしょう。

土日祝日休みになった

女性付き合う その1

ある一定の業種・職種であれば土日休みのところもあります。
…が、それを避けた企業に転職すれば、土日祝日休みで働くことができるのです。

土日祝日休みで働けると

・家族、友人、恋人などと予定が合わせやすい
・決まった休みゆえに生活リズムが作りやすい
・連休ゆえに、金曜夜~土曜日は思いっきり遊べる

 

といったメリットが生じるので、辞めて良かったと思えるようになるでしょう。

体育会系のノリが無くなった

辞めて良かった その2

アパレル業界は体育会系です。
体育会系ゆえに

・パワハラ、モラハラ
・様々な無茶ブリ
・派手な飲み会

 

などは結構あるかと。
もちろん無いところもあるでしょうが、全体を統括するとアパレル業界は上記内容が多めです。

アパレル業界から離れればその分だけ

・精神的ストレスが軽減
・病む(うつ病になる)リスクの大幅改善

 

されるので、メンタル面を考慮すると辞めて良かったと思えますよ(下手すると後遺症や死ぬ可能性だってあり得ますし)。

辛い立ち仕事からの脱却

事務転職 その5

アパレル店員・販売員となると、基本は立ち仕事ですね。
立ち仕事となると、足が痛くてたまりません。

だが、立ち仕事から離れれば足の痛みが解消されるので、その分だけ

・勤務中の足の痛み
・帰宅後の足のマッサージ
・ヒールであれば靴ずれやケガなど

 

に悩まされる心配はありませんよ。

将来の不安が無くなった

笑顔 その4

アパレル業界に勤めていると

・最大手以外は業績が悪いので、この会社で長く働けるか不安
・そもそもアパレル業界全体としてジリ貧なので、アパレル業界で働いていて大丈夫なのか

 

という将来への不安を抱きます。
また、アパレル店員として働いていると

・本社勤務できるのか
・ずーっとアパレル店員で働くとか大丈夫なのか
・年齢的にアパレル店員で働けるのか

 

などの不安も追加で発生してきます。

・伸びしろのある業界や企業
・安定している業界や企業

 

に転職することによって、将来の不安が解消し、安心して仕事に励むことができますよ。



辞めるには

んじゃあさっさと辞めて良い思いしよう
販売員
販売員

 

・きつい、辛い、不安だと思う、感じる
・心機一転して新たな職場で働きたい

 

なら辞めても良いですが、辞めるにしても

・先に就職先を見つけてから退職をする
・そういうの関係無しにすぐ辞めたい
・辞めたくても辞められない

 

の3つがあります。
これら3つについて深堀りしていきますね。

先に就職先を見つけてから退職をする

高卒ok アイキャッチ画像

見出し通りに先に就職先を見つけてからの退職です。
これを行うことによって、

・退職後もスムーズに転職先で働ける
・給料が得られない不安から回避できる

 

といったメリットがあります。
反対にデメリットとしては、

・在籍中に転職活動を行う為、休みが少なくなる(疲弊しきる)
・転職活動ができる範囲が限られる(準備が不十分)

 

といったことがあります。
どちらが自身に向いているから、よーく考えてから行動に移すようにしましょう。

正社員・契約社員の求人であれば、以下の求人サイトがおすすめです。

リクナビNEXT:大手求人サイト故に、超豊富な求人数が揃っています。まずはこちらを登録しましょう。

DODA:こちらも知名度抜群の大手求人サイト。求人数はもちろんのこと、エージェントサービスを活用し、転職活動をスムーズに進められます。

 

派遣であれば、こちらを登録しましょう。

リクナビ派遣:リクナビNEXTの派遣サイト。大手求人サイトだけあって、多種多様な業種・職種が揃っています。派遣だけあって未経験で他業種で働くこともできちゃう!

ジョブリンク:多彩な求人が揃っている派遣サイト。幅広い求人から好みの仕事で働くなら間違いなし!全国各地の求人にも高い応募率を保持。

 

そういうの関係無しにすぐ辞めたい

新卒辞めたい アイキャッチ画像

単純に

・転職以前に今の職場環境が辛い、きついからさっさと辞めたい

 

状況なので、転職のことは考えずにまずは会社を辞めましょう。
しばらくニートになってゆっくり休んで、気力が湧いてきたら転職活動するのもアリですよ。

退職方法として、

・1ヶ月耐えられるなら、普通に上司か店長に退職願を出す(引き止められる可能性大いにアリ)
・耐えられないのであれば、すぐ辞める

 

の2択です。
理想は前者ですが、どうしてもの場合は後者も選んでも問題ありません。

後者の「耐えられないのであれば、すぐ辞める」場合は

・人事部や店長に掛け合ってすぐ辞められるように交渉する

 

ようにして下さい。
もし交渉しても辞められない場合は、次の「辞めたくても辞められない」に移って下さい。

辞めたくても辞められない

ブラックすぎ アイキャッチ画像

主に

・退職届が受理されない(退職を止められる)
・怖くて辞めるなんて言えない(何か嫌なことを言われそう、されそう)

 

といった、場合ですが、

・バックレる
・退職代行にお願いする

 

の2択になります。

バックレる

辞めて良かった その3

何も言わずに会社に来ない技。
勤続の度合いによって電話やメール、ラインなどが鬼のようにかかって来ますが、全てシカトして下さい。

しばらくすれば、退職の受理がされます。

働いた分の給料とか支払われるの?
販売員
販売員

 

大丈夫です、普通に支払われます。
給料が支払われなかったら労働基準法違反なので、労基に連絡して下さい。

・バックレとか怖い
・きちんと書類とか提出して無難に退職したい
・有給とかちゃんと消化したい

 

場合は退職代行を利用しましょう。

退職代行を利用する

派遣辞めたい アイキャッチ画像

主に

・退職がスムーズにできない
・バックレできない、したくない理由がある
・退職したいと報告するのが怖い

 

場合に役立つ便利なツールです。
お金はかかりますが、

・現在働いている職場の人と関わらずに円満に退職したい

 

場合は非常に有効です。
筆者が辞めたいと思った時には無かったので、こういったシステムがあったらどんなに楽かと思いましたね。

以下、おすすめ退職代行です。

退職代行Jobs:メディア多数掲載の退職代行。退職できない場合は全額返金OKです。もちろん会社への連絡や出社の必要なし。

退職代行EXIT:メディア多数掲載。相談をした当日から対応可能なのは魅力的です。

 

まとめ

改めてアパレル店員や業界を辞めて良かったと思う理由として

・給料が上がった
・ボーナスが出た(増えた)
・服を買わなくて済む
・ノルマに追われなくて済む
・規則正しい生活を送れる(シフト制からの脱却)
・土日祝日休みになった
・体育会系のノリが無くなった(職場環境の改善)
・辛い立ち仕事からの脱却
・将来の不安が無くなった

が挙げられます。
我慢せず、きついと思うなら、さっさと辞めて楽に生きましょう。

筆者もアパレル関連のアドバイス記事を書いていますが、アパレルばかりではありません。
アパレルを辞めて良かったと思う事はこれだけあるので、無理に頑張らずに辞めて良かったと思えるように頑張って下さいね。

ま…まて、良く考えてみろ!いいのか?ファッションは好きじゃないのか?
店長
店長
販売員
販売員
店長こそアパレルの店長として働いているけど、本当に今この状況に不満は無いんですか?
えっ!?
店長
店長
販売員
販売員
店長は何をやりがいに働いているんですか?何が嬉しくて働いているんですか?辛い・悲しい・不安だなって思うことは無いんですか?
ああ…うう…
店長
店長
販売員
販売員
店長は何の為に店長をしているですか!?ここのブランドのアパレルの店長じゃなきゃダメなんですか!?
や…やめろ…それ以上は言うな…
店長
店長